2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日
2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
※繁忙期には発送まで時間がかかる場合がございます。
 

お知らせ

2019/01/19“「自然のタネ」の現在と未来 ”育成者インタビューを掲載しました
自然農法センターのタネは、耕耘は最小限、低栄養状態、通路部分は全て草、という独特の環境で育成されていますが、今後はどのような展開があるのでしょうか。「自然のタネ」の大半を育成し、定年退職後も育種や種子生産を続けられている中川原敏雄さんに、今回はその想いについて伺いました。
http://www.infrc.or.jp/seeds/8436/
(自然農法センター本サイトに移動します)

“「自然のタネ」育成で大事にしてきたこと”育成者インタビューを掲載しました

ページトップへ

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら