2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
※繁忙期には発送まで時間がかかる場合がございます。
 

トップ > キーワード > 育てやすい

育てやすい

全12件

  • カンリー2号

    カンリー2号

    500円〜

    カンリー2号果実は黒緑色のコマ形、果重1.6kg前後、果肉色が濃橙色の紛粘質で甘栗のような食味。地力の低い土壌でも栽培できます。
  • バテシラズ3号

    バテシラズ3号

    200円〜

    バテシラズ3号露地の早まきから普通まきに適します。着果が良く生育旺盛。褐斑病、うどんこ病、べと病に強く、丈夫で育てやすいです。果実は鮮緑色、やや長めで尻太りが少なく果揃いも良い品種です。
  • 南桜2号(みなみざくら2ごう)

    南桜2号(みなみざくら2ごう)

    500円〜

    南桜2号(みなみざくら2ごう)青臭さは少なく、強い酸味。着果性に優れ作りやすいです。雨よけ、施設栽培に適しています。 トマトモザイクウイルス、半身萎凋病、萎凋病レース1,2、サツマイモネコブセンチュウ、葉カビ病に耐病性有り
  • ハートハート

    ハートハート

    500円〜

    ハートハートハート形中玉トマト。裂果に強く、果皮柔らか。着果性に優れ、過繁茂にならず作りやすい品種です。
  • サンティオ

    サンティオ

    500円〜

    サンティオ赤色中玉トマト。適度な甘さと酸味。生食でもおいしく、加熱調理するとコクが出ます。収量性高く、露地、雨よけ栽培に適します。 トマトモザイクウイルス、半身萎凋病、萎凋病レース1、サツマイモネコブセンチュウに耐病性有り
  • エルワン

    エルワン

    300円〜

    エルワン環境に適応しやすく、作りやすい赤ちりめんリーフレタス。暖地・温暖地の夏どりを除く各作型に適します。半立性で株張りが良く生育旺盛です。
  • エルーゴ

    エルーゴ

    300円〜

    エルーゴ暑さ寒さに強いサラダ菜。葉は明緑色の丸葉で厚く丈夫。刻みやちぢみが少なく甘みがあり、食味良し。
  • 島村インゲン(しまむらいんげん)

    島村インゲン(しまむらいんげん)

    500円〜

    島村インゲン(しまむらいんげん)埼玉県の島村氏が自家採種してきた平莢のつるありインゲン。ウイルス病に強く、着莢の早い早生品種。莢長18cmが収穫の目安。種子を完熟させて煮豆にしてもおいしいです。
  • フックラ

    フックラ

    500円〜

    フックラルッコラ、ロケットとも呼ばれ、ゴマの風味と辛みのあるハーブ。大株に育った後、若葉を掻き取り収穫します。花茎やつぼみ、花も食べられます。
  • オカノリ

    オカノリ

    500円〜

    オカノリ中国原産アオイ科の野菜。間引きしながら収穫し、トウ立ちしてきたらわき芽を掻き取り収穫します。耐暑性・耐寒性が強く、旺盛に生育します。
  • ベビーリーフ レタスミックス

    ベビーリーフ レタスミックス

    250円〜

    ベビーリーフを和訳すると赤ちゃんの葉っぱです。種まきしてから15〜30日程度の若い葉っぱを収穫します。ベビーリーフレタスミックスは3種類のレタスをミックスしたもので、収穫した物をそのままサラダとして使用できます。 詳しい栽培については下記のリンク先をご...
  • ベビーリーフ アブラナ科ミックス

    ベビーリーフ アブラナ科ミックス

    200円〜

    ベビーリーフを和訳すると赤ちゃんの葉っぱです。種まきしてから15〜30日程度の若い葉っぱを収穫します。ベビーリーフアブラナ科ミックスは3種類のアブラナ科野菜をミックスしたもので、収穫した物をサラダにしたり、みそ汁の具にする等してご使用いただけます。 詳...

ページトップへ

自然のタネは

以下の条件で生産された種子となっております。

”兵鎔蘋において、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

⊆鏤卆源困砲いて、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

採種後、種子消毒をしない。

ぐ篥岨卅箸濛悗┐筌殴離猜埆犬覆匹竜蚕僂鮖箸錣覆ぁ

 

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら