2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
※繁忙期には発送まで時間がかかる場合がございます。
 

トップ > 種まき時期 > 温暖地(2〜10月) > 5月のタネまき

5月のタネまき

全28件

  • バテシラズ3号

    バテシラズ3号

    500円〜

    バテシラズ3号露地の早まきから普通まきに適します。着果が良く生育旺盛。褐斑病、うどんこ病、べと病に強く、丈夫で育てやすいです。果実は鮮緑色、やや長めで尻太りが少なく果揃いも良い品種です。
  • 今井節成(いまいふしなり)

    今井節成(いまいふしなり)

    500円〜

    今井節成(いまいふしなり)露地普通まきで肥沃な土に適します。うどんこ病、べと病に強く、根張り良く生育旺盛です。果長はやや長く、光沢のある濃緑色果です。
  • イボ美人(いぼびじん)

    イボ美人(いぼびじん)

    500円〜

    イボ美人(いぼびじん)キュウリと中国四葉の交配種。果長24cm前後で短くイボもやや少ないです。うどんこ病に強く、たくさん採れます。歯切れが抜群で浅漬けに最適です。
  • 白黄ウリ(しろきうり)

    白黄ウリ(しろきうり)

    500円〜

    白黄ウリ(しろきうり)バングラディッシュの在来種を素材に育成した黄白色のキュウリ。果肉が厚く、サラダや浅漬けにすると色が映えます。果実はやや短め。大きめで収穫しても果皮柔らかく甘味があり、キュウリ臭さが少ないです。露地の直まき栽培に適しています。

ページトップへ

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら