• 自然のタネサイトのお買い物がお得に割引 オーガニック・自然農法・有機農業のある未来を一緒に作りませんか? 自然農法センター 賛助会員募集中
  • 「自然のタネ」お友達紹介キャンペーン!! 紹介した方もされた方も300ポイントプレゼント!! 有機栽培・自然農法に適した野菜の種は自然農法センターの「自然のタネ」
  • 自然のタネを販売してオーガニック・自然農法・有機農業のある社会作りを一緒に目指しませんか? 自然農法センター 種子販売協力事業者募集中
種子カタログ送付ご希望の方には無料でお送りしております。
こちらからお申し込み下さい。
2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
新年発送開始日
2022年 02月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
種子の発送は土日祝日を除く平日のみ行っております。
ご注文いただいてからお手元に到着するまでに、1週間程度かかる場合がございます。
※繁忙期(12月〜3月)には発送まで時間がかかる場合がございます。
 

トップ > 種別 > 固定種 > オカノリ
品目 > その他葉菜類 > オカノリ
キーワード > 育てやすい > オカノリ
種まき時期 > 暖地(2〜10月) > 3月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 暖地(2〜10月) > 4月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 暖地(2〜10月) > 5月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 暖地(2〜10月) > 6月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 暖地(2〜10月) > 7月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 暖地(2〜10月) > 8月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 暖地(2〜10月) > 9月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 暖地(2〜10月) > 10月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 温暖地(2〜10月) > 3月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 温暖地(2〜10月) > 4月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 温暖地(2〜10月) > 5月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 温暖地(2〜10月) > 6月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 温暖地(2〜10月) > 7月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 温暖地(2〜10月) > 8月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 温暖地(2〜10月) > 9月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 寒地・寒冷地(2〜10月) > 4月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 寒地・寒冷地(2〜10月) > 5月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 寒地・寒冷地(2〜10月) > 6月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 寒地・寒冷地(2〜10月) > 7月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 寒地・寒冷地(2〜10月) > 8月のタネまき > オカノリ
種まき時期 > 寒地・寒冷地(2〜10月) > 9月のタネまき > オカノリ

オカノリ オカノリ
オカノリ オカノリ

オカノリ

オカノリ中国原産アオイ科の野菜。間引きしながら収穫し、トウ立ちしてきたらわき芽を掻き取り収穫します。耐暑性・耐寒性が強く、旺盛に生育します。

・カルシウムなどのミネラル、ビタミン類を豊富に含む。
・おひたしや天ぷら、汁の実などに利用。

 
価格 : 円(税込)
ポイント : 5
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
バリエーション

選択
小袋:2ml(約360粒、500円)

4000円以上で送料無料

タネ播き時の深さ 5mm〜1cm
発芽適温(地温) 20〜25℃
発芽までの日数 2〜5日
収穫目安 播種後40〜60日程度、草丈15〜20cm程度
花の色 黄色

地域区分図・作型図

参考画像

  • 作型図

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
 
 
ニックネーム内容評点日付
 
ちえ畑で混植しました。私の区画のオカノリは、葉っぱが小さかっ...2021/12/09

ページトップへ

自然のタネは

以下の特徴を持っております。

”兵鎔蘋において、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

⊆鏤卆源困砲いて、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

採種後、種子消毒をしない。

ぐ篥岨卅抜垢┐筌殴離猜埆犬覆匹竜蚕僂鮖箸錣覆ぁ

 

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら