2024年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
入金確認後、基本3営業日以内に発送します。
発送された種子は基本的にポストに投函されます。(種子の量が多い場合宅配便となります)
種子の発送:平日のみ
配送手数料:440円、タネ代5000円以上無料
お届け日数:発送日から3日〜1週間ほどかかります(遠方・離島はさらに日数を要します)
※繁忙期(12月〜3月)には発送までお時間がかかる場合がございます。
 

お知らせ

2018/12/26“「自然のタネ」誕生秘話”育成者インタビューを掲載しました
自然農法センターのタネは、耕耘は最小限、低栄養状態、通路部分は全て草、という独特の環境で育成されています。このような方法は、どのように確立されてきて、どのような特徴があるのでしょうか。「自然のタネ」の大半を育成し、定年退職後も育種や種子生産を続けられている中川原敏雄さんに、その誕生経緯や想いを伺いました。
http://www.infrc.or.jp/seeds/8306/ (自然農法センター本サイトに移動します)

たくさんのご応募ありがとうございました!「自然のタネ栽培モニターさん大募集」キャンペーン

ページトップへ

自然のタネは

以下の特徴を持っております。

”兵鎔蘋において、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

⊆鏤卆源困砲いて、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

採種後、種子消毒をしない。

ぐ篥岨卅抜垢┐筌殴離猜埆犬覆匹竜蚕僂鮖箸錣覆ぁ

 

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら