2023年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2023年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
配送方法はネコポス(ヤマト運輸)です。
入金確認後、基本3営業日以内に発送します。
発送後翌日または翌々日に到着します(一部地域を除く)。
種子の発送:平日のみ
配送手数料:400円、タネ代4000円以上無料
※繁忙期(12月〜3月)には発送までお時間がかかる場合がございます。
 

トップ > 品目 > 水稲・雑穀

全て国内で採種した自然農法・有機栽培向き品種です

自然農法種子は、作物本来の強さと美味しさを引き出すことを基本に、少肥でも必要な生長を確保でき、育てやすく、収量性もあり、食味の良い系統を繰り返し選抜しています。自然農法で育成・採種されたタネは、旺盛でストレスに強く、生命力に溢れています。

水稲・雑穀

全8件

  • はたはったん(水稲うるち品種)

    はたはったん(水稲うるち品種)

    2,500円〜

    はたはったん(水稲うるち品種)(この品種は品種登録されています) 品種登録番号:21835 自然農法水田で自然交雑した自生株の中から、穂が大きく草丈の高い偏穂重型の系統を無肥料栽培条件で選抜。コシヒカリに比べ、出穂がやや遅いため、近年頻発する高温登熟障害...
  • モチアワ

    モチアワ

    500円〜

    モチアワ痩せ地に適し、倒伏に強いです。お米に混ぜて炊くと粘りがでて美味。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。 ・長野県松本盆地の在来種。 ・糯性。中生の早で、やや短桿。 ・穂は先端がやや太い棍棒形で、葉と茎の色が緑紫に...
  • モチキビ(松本系)

    モチキビ(松本系)

    500円〜

    モチキビ(松本系)中生、中桿、倒伏に強い品種。穂は寄穂型で長く穂数は多いです。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。 ・長野県松本盆地の在来種。 ・糯性。 ・収穫は茎葉が黄変し始め、穂先が5分通り成熟した頃穂刈りする。
  • ヒエ ヤリコ

    ヒエ ヤリコ

    500円〜

    ヒエ ヤリコ穂は先が鋭く細い円錐形。多肥では倒伏しやすく、痩せ地向きの品種で冷涼地に適しています。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。 ・岩手県、青森県の山間地で昔から栽培されている在来種。 ・早生で播種後80〜90日で...
  • アマランサス(立穂赤)

    アマランサス(立穂赤)

    500円〜

    アマランサス(立穂赤)穀物用で子実はカルシウム、タンパク質、ビタミン、植物繊維などを豊富に含有。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。 ・草丈2m位、穂は濃赤、茎葉は濃赤紫、多肥にすると倒伏しやすい。 ・播種期は、冷涼地...
  • 黒アズキ(くろあずき)

    黒アズキ(くろあずき)

    500円〜

    黒アズキ(くろあずき)豆色が黒色の岩手県在来種。表皮が薄く、こしあんができる。病害虫が少なく、多収。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。
  • 鹿児島在来ササゲ(かごしまざいらい)

    鹿児島在来ササゲ(かごしまざいらい)

    500円〜

    鹿児島在来ササゲ(かごしまざいらい)暑さや乾燥に強い。種子は小豆色、大きさはアズキより小さいが形はよく似ている。赤飯にして食べると美味。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。 ・鹿児島県で栽培されている在来種。 ・つる...
  • 緑肥用カウピー(りょくひかうぴー)

    緑肥用カウピー(りょくひかうぴー)

    500円〜

    ・マメ科ササゲ属の1年草本。 ・種子はアズキに似ているが黒色で小さい。 ・生育初期は矮性のように伸びないが、高温期に入るとつるを伸ばし旺盛に生育して大きな藪になり雑草を圧倒するので、秋作の前作緑肥として利用できる。 ・高温乾燥に強いが霜に弱いので、降...

ページトップへ

自然のタネは

以下の特徴を持っております。

”兵鎔蘋において、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

⊆鏤卆源困砲いて、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

採種後、種子消毒をしない。

ぐ篥岨卅抜垢┐筌殴離猜埆犬覆匹竜蚕僂鮖箸錣覆ぁ

 

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら