2023年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2024年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
入金確認後、基本3営業日以内に発送します。
発送された種子は基本的にポストに投函されます。(種子の量が多い場合宅配便となります)
種子の発送:平日のみ
配送手数料:440円、タネ代5000円以上無料
※繁忙期(12月〜3月)には発送までお時間がかかる場合がございます。
 

トップ > すべての商品

すべての商品

全66件

  • 鹿児島在来ササゲ(かごしまざいらい)

    鹿児島在来ササゲ(かごしまざいらい)

    660円〜

    鹿児島在来ササゲ(かごしまざいらい)暑さや乾燥に強い。種子は小豆色、大きさはアズキより小さいが形はよく似ている。赤飯にして食べると美味。 ・鹿児島県で栽培されている在来種。 ・つるなしの矮性。 ・莢は細長く種子が10〜16個入っており、よく着莢し、暑さ...
  • 須藤胡瓜(すどうきゅうり)

    須藤胡瓜(すどうきゅうり)

    660円〜

    須藤胡瓜(すどうきゅうり)大分県久柱町の須藤家で代々自然農法により自家採種してきた品種。果実は短太で茶イボ。肉質極上です。 ・大葉、茎太で草勢強い。 ・雌花は主枝に殆ど着果せず、側枝も遠成りの晩生種。
  • 緑肥用カウピー(りょくひかうぴー)

    緑肥用カウピー(りょくひかうぴー)

    660円〜

    ・マメ科ササゲ属の1年草本。 ・種子はアズキに似ているが黒色で小さい。 ・生育初期は矮性のように伸びないが、高温期に入るとつるを伸ばし旺盛に生育して大きな藪になり雑草を圧倒するので、秋作の前作緑肥として利用できる。 ・高温乾燥に強いが霜に弱いので、降...
  • 椎葉村在来(しいばそんざいらい)

    椎葉村在来(しいばそんざいらい)

    660円〜

    椎葉村在来(しいばそんざいらい)宮崎県椎葉村の在来種。果実は黒イボで短いです。べと病、うどんこ病に強い品種です。 ・淡緑の中葉、節間長く茎太で側枝が多く発生し草勢は強い。 ・枝成り型で7〜8節おきに着果する中晩生種。
  • 大豊在来(おおとよざいらい)

    大豊在来(おおとよざいらい)

    660円〜

    大豊在来(おおとよざいらい)高知県大豊町の在来種。果実は短太で白イボです。 ・淡緑色の角葉で茎細く側枝の発生は多い。 ・雌花は主枝に殆ど着果せず、側枝も雌花が遠い晩生種。
  • モチキビ(松本系)

    モチキビ(松本系)

    660円〜

    モチキビ(松本系)中生、中桿、倒伏に強い品種。穂は寄穂型で長く穂数は多いです。 ・長野県松本盆地の在来種。 ・糯性。 ・収穫は茎葉が黄変し始め、穂先が5分通り成熟した頃穂刈りする。
  • モチアワ

    モチアワ

    660円〜

    モチアワ痩せ地に適し、倒伏に強いです。お米に混ぜて炊くと粘りがでて美味。 ・長野県松本盆地の在来種。 ・糯性。中生の早で、やや短桿。 ・穂は先端がやや太い棍棒形で、葉と茎の色が緑紫になる。 ・播種時期は冷涼地で5月下旬〜6月中旬。
  • アマランサス(立穂赤)

    アマランサス(立穂赤)

    660円〜

    アマランサス(立穂赤)穀物用で子実はカルシウム、タンパク質、ビタミン、植物繊維などを豊富に含有。 ・草丈2m位、穂は濃赤、茎葉は濃赤紫、多肥にすると倒伏しやすい。 ・播種期は、冷涼地で5月下旬、温暖地で5月中旬〜7月上旬である。
  • カロフル

    カロフル

    770円〜

    カロフル育てやすくてスタミナのあるオレンジ色の中玉トマト 果実は50g程度、カロテンが豊富!従来品種の数倍含有 β−カロテンは免疫を活発にする作用があると言われています 裂果に強く、酸味が控えめで甘みを感じやすく、フルーツのような食感。 萎凋病(F:R-1、2...
  • 黒小町(くろこまち)

    黒小町(くろこまち)

    550円〜

    黒小町(くろこまち)高温期の果皮の退色が紫御前に比べ著しく少ない。果形は長卵形で果皮のつやがよい。草勢強くたくさん採れ、露地栽培に向いています。 ・強勢で着果性に優れる露地栽培向き一代交配種。 ・草姿は半立性で「紫御前」に比べ節間がやや長く、第1花...
  • 黒小玉スイカ(くろこだますいか)

    黒小玉スイカ(くろこだますいか)

    660円〜

    黒小玉スイカ(くろこだますいか)果皮が黒緑。果実は2.5〜3kgの小玉種。果皮がしっかりして裂果に強い品種。果肉は濃紅色でシャリ感があり糖度11度前後。着果性がよく、作りやすいです。 ・成熟日数は7〜8月収穫で37〜42日。

ページトップへ

自然のタネは

以下の特徴を持っております。

”兵鎔蘋において、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

⊆鏤卆源困砲いて、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

採種後、種子消毒をしない。

ぐ篥岨卅抜垢┐筌殴離猜埆犬覆匹竜蚕僂鮖箸錣覆ぁ

 

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら