2023年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2023年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
配送方法はネコポス(ヤマト運輸)です。
入金確認後、基本3営業日以内に発送します。
発送後翌日または翌々日に到着します(一部地域を除く)。
種子の発送:平日のみ
配送手数料:400円、タネ代4000円以上無料
※繁忙期(12月〜3月)には発送までお時間がかかる場合がございます。
 

トップ > すべての商品

すべての商品

全69件

  • フックラ

    フックラ

    500円〜

    フックラルッコラ、ロケットとも呼ばれ、ゴマの風味と辛みのあるアブラナ科のハーブ。大株に育った後、若葉を掻き取り収穫します。花茎やつぼみ、花も食べられます。 ・ビタミンCやカルシウム、鉄分などを多く含む健康野菜でサラダやおひたしに利用。 ・春まきで30...
  • 新戒青菜(しんかいあおな)

    新戒青菜(しんかいあおな)

    300円〜

    新戒青菜(しんかいあおな)群馬県のお寺で自家採種されてきた黒葉系コマツナ。草姿半立性、やや平軸で、葉色は濃緑色で照りがあります。春まき、秋まきができますが、秋まきの方が良品が収穫できます。 ・コマツナらしい風味に富み、お浸しや汁の実、雑煮の青菜と...
  • ふじ宮重

    ふじ宮重

    500円〜

    ふじ宮重富士山麓の火山灰土壌で選抜・採種を繰り返した固定種。火山灰土壌に適し、根長35cm前後。甘さと香気に富み、煮くずれしにくく、汁の実や煮炊き、漬け物などに適しています。 ・収穫適期は、従来の宮重総太り等に比べて遅く、播種後75〜80日。 ・空洞症等の...
  • 筑摩野五寸(ちくまのごすん)

    筑摩野五寸(ちくまのごすん)

    300円〜

    筑摩野五寸(ちくまのごすん)少肥でも根がよく太ります。火山灰土壌に適し、夏播きして晩秋から冬どりするのに適します。根部はやや肩が張る円筒形で甘みがあります。 ・草勢が強く少肥で栽培できる秋冬どり五寸ニンジン。 ・草姿は開帳性、大葉で痩せ地でも根の太...
  • 黒小町(くろこまち)

    黒小町(くろこまち)

    300円〜

    黒小町(くろこまち)高温期の果皮の退色が紫御前に比べ著しく少ない。果形は長卵形で果皮のつやがよい。草勢強くたくさん採れ、露地栽培に向いています。 ・強勢で着果性に優れる露地栽培向き一代交配種。 ・草姿は半立性で「紫御前」に比べ節間がやや長く、第1花...
  • エルーゴ

    エルーゴ

    300円〜

    エルーゴ暑さ寒さに強いサラダ菜。葉は明緑色の丸葉で厚く丈夫。刻みやちぢみが少なく甘みがあり、食味良し。 ・耐病性強く、生育期間が短いため、周年栽培可能。
  • エルシー

    エルシー

    300円〜

    エルシーグリーンリーフレタス。抽台遅く暖地の夏どりを除く各作型に適します。葉は明緑色でちりめん状になり、柔らかく食味が良い。中心部は若干結球し、軟白された心部は歯切れ良く甘味が強い。
  • 自農丸ナス(じのうまるなす)

    自農丸ナス(じのうまるなす)

    300円〜

    自農丸ナス(じのうまるなす)果実は、光沢のある色の濃い黒紫色の丸ナス。肉質緻密で煮食や田楽、焼ナスなどに適しています。生育旺盛で大株に生育します。 ・長野県小布施町の在来品種である「小布施丸ナス」の交雑株から草生栽培環境下でも生育が旺盛で果実の色...
  • 在来青ナス(ざいらいあおなす)

    在来青ナス(ざいらいあおなす)

    300円〜

    在来青ナス(ざいらいあおなす)果肉が柔らかく、汁の実や煮食に適しています。草勢が極めて強く、作りやすいです。果肉が柔らかく200〜250gの大果で収穫しても硬くなりにくく、種子も気になりません。 ・果形は卵形の大果で、ヘタ、果皮ともに緑色。 ・草姿は開帳...

ページトップへ

自然のタネは

以下の特徴を持っております。

”兵鎔蘋において、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

⊆鏤卆源困砲いて、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

採種後、種子消毒をしない。

ぐ篥岨卅抜垢┐筌殴離猜埆犬覆匹竜蚕僂鮖箸錣覆ぁ

 

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら