2023年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2023年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
配送方法はネコポス(ヤマト運輸)です。
入金確認後、基本3営業日以内に発送します。
発送後翌日または翌々日に到着します(一部地域を除く)。
種子の発送:平日のみ
配送手数料:400円、タネ代4000円以上無料
※繁忙期(12月〜3月)には発送までお時間がかかる場合がございます。
 

トップ > 種別

種別

種別

全69件

  • 須藤胡瓜(すどうきゅうり)

    須藤胡瓜(すどうきゅうり)

    500円〜

    須藤胡瓜(すどうきゅうり)大分県久柱町の須藤家で代々自然農法により自家採種してきた品種。果実は短太で茶イボ。肉質極上です。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。 ・大葉、茎太で草勢強い。 ・雌花は主枝に殆ど着果せず、側...
  • 大豊在来(おおとよざいらい)

    大豊在来(おおとよざいらい)

    500円〜

    大豊在来(おおとよざいらい)高知県大豊町の在来種。果実は短太で白イボです。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。 ・淡緑色の角葉で茎細く側枝の発生は多い。 ・雌花は主枝に殆ど着果せず、側枝も雌花が遠い晩生種。
  • 椎葉村在来(しいばそんざいらい)

    椎葉村在来(しいばそんざいらい)

    500円〜

    椎葉村在来(しいばそんざいらい)宮崎県椎葉村の在来種。果実は黒イボで短いです。べと病、うどんこ病に強い品種です。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。 ・淡緑の中葉、節間長く茎太で側枝が多く発生し草勢は強い。 ・枝成り...
  • 下津井在来(しもついざいらい)

    下津井在来(しもついざいらい)

    500円〜

    下津井在来(しもついざいらい)高知県大正町の在来種。白イボで短く太い。果肉はもろく歯切れがよい。小葉で節間が短く、側枝は横に伸びる地這い性の晩生種。べと病、うどんこ病に強い。 ※数量が少ないため、お一人様1シーズン1袋までのご注文となります。
  • 上高地セブン(かみこうちせぶん)

    上高地セブン(かみこうちせぶん)

    500円〜

    上高地セブン(かみこうちせぶん)上高地の改良品種。 露地の早まきから普通まき栽培に適します。 果長はやや長く、果揃いがよく、初期からたくさん採れます。 うどんこ病、べと病及び褐斑病に耐病性を持つ品種です。
  • ベビーリーフ レタスミックス

    ベビーリーフ レタスミックス

    250円〜

    ベビーリーフを和訳すると赤ちゃんの葉っぱです。種まきしてから15〜30日程度の若い葉っぱを収穫します。ベビーリーフレタスミックスは3種類のレタスをミックスしたもので、収穫した物をそのままサラダとして使用できます。 詳しい栽培については下記のリンク先をご...
  • ベビーリーフ アブラナ科ミックス

    ベビーリーフ アブラナ科ミックス

    200円〜

    ベビーリーフを和訳すると赤ちゃんの葉っぱです。種まきしてから15〜30日程度の若い葉っぱを収穫します。ベビーリーフアブラナ科ミックスは3種類のアブラナ科野菜をミックスしたもので、収穫した物をサラダにしたり、みそ汁の具にする等してご使用いただけます。 詳...
  • 夏イボ盛り(なついぼさかり)

    夏イボ盛り(なついぼさかり)

    500円〜

    夏イボ盛り(なついぼさかり)夏節成と中国四葉の交配種。主枝雌花率は30%前後、果実30cm前後、濃緑で果肉厚く、漬物用に適する。葉厚く短側枝ですっきりした草姿になる。うどんこ病に強い豊産種。
  • 耐病四葉(たいびょうすうよう)

    耐病四葉(たいびょうすうよう)

    500円〜

    耐病四葉(たいびょうすうよう)露地栽培に適する。果実は24僂涼桟岨様奸F質は歯切れがよく、浅漬けに適する。葉は厚くやや大葉、茎太で短側枝が発生し草勢は極めて強い。主枝雌花率が高く、果の肥大がよい。うどんこ病、べと病に強く強勢でツルもちがよい。

ページトップへ

自然のタネは

以下の特徴を持っております。

”兵鎔蘋において、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

⊆鏤卆源困砲いて、化学肥料、農薬を使用せず、自然農法で栽培。

採種後、種子消毒をしない。

ぐ篥岨卅抜垢┐筌殴離猜埆犬覆匹竜蚕僂鮖箸錣覆ぁ

 

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら