2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※繁忙期には発送まで時間がかかる場合がございます。
 

トップ > 種まき時期 > 寒地・寒冷地(2〜10月) > 6月のタネまき

6月のタネまき

全37件

  • 新戒青菜(しんかいあおな)

    新戒青菜(しんかいあおな)

    300円〜

    新戒青菜(しんかいあおな)群馬県のお寺で自家採種されてきた黒葉系コマツナ。葉色は濃緑色で照りがあります。春まき、秋まきができますが、秋まきの方が良品が収穫できます。
  • フックラ

    フックラ

    500円〜

    フックラルッコラ、ロケットとも呼ばれ、ゴマの風味と辛みのあるハーブ。大株に育った後、若葉を掻き取り収穫します。花茎やつぼみ、花も食べられます。
  • オカノリ

    オカノリ

    500円〜

    オカノリ中国原産アオイ科の野菜。間引きしながら収穫し、トウ立ちしてきたらわき芽を掻き取り収穫します。耐暑性・耐寒性が強く、旺盛に生育します。
  • はたはったん(水稲うるち品種)

    はたはったん(水稲うるち品種)

    2,500円〜

    はたはったん(水稲うるち品種)自然農法水田で自然交雑した自生株の中から、穂が大きく草丈の高い偏穂重型の系統を無肥料栽培条件で選抜。コシヒカリに比べ、出穂がやや遅いため、近年頻発する高温登熟障害による白未熟粒の発生が軽減されます。玄米はやや小粒で、...

ページトップへ

自然農法センターについて

公益財団法人自然農法国際研究開発センター
(略称:自然農法センターまたはINFRC)では、化学肥料や合成農薬に頼らずに、自然界の仕組み、特に土の偉力を最大限に活用する自然農法の技術確立、普及を目指して、試験研究、教育研修、国内外への普及活動に取り組んでいます。

詳しくはこちら